横抱きで少しずつ… 乳児に薬を飲ませる4つのコツ

小児科門前の薬局で子どもの服薬指導に日々奮闘する薬剤師で、『極める!小児の服薬指導』(日経BP社)の著者でもある松本康弘さんが、子どもに薬を飲んでもらうための工夫を紹介します。明日から使える具体的なノウハウ満載です。

◇  ◇  ◇

薬局で薬の飲ませ方を長時間説明しても、心配そうな顔をして帰る保護者が結構います。こんなときは、自分の服薬指導がどれくらい役に立っているのか心配になります。

場合によっては、口頭で説明するよりも、保護者の前で実際に子どもに飲ませてあげることが、最も効果的な服薬指導のはずです。しかし、実際に薬局で薬を飲ませたことがある薬剤師は極めてまれです。

【写真1】薬局での薬剤師による服薬支援の様子。時間に余裕があるときに、自宅で子どもにうまく薬を飲ませられないと話す保護者を中心に、薬剤師による服薬支援を試みました。

そこで、時間に余裕があるときに、自宅で子どもにうまく薬を飲ませられないと話す保護者を中心に、薬剤師による服薬支援を試みました(写真1)。

最初の投薬は、初めて内服薬が処方された6カ月の男の子でした。お母さんに飲ませ方を説明したのですが、今ひとつ、表情がさえません。そこで、意を決して、「薬局で飲ませましょうか?」と切り出すと、「お願いします」と即答でした。

お母さんに待合室のソファに座ってもらい、スポイトと小皿とコップに水を入れて持っていきました。散剤(粉薬)に水を加えて、スポイトで吸って準備万端。赤ちゃんを預かり、抱っこして、スポイトで少しずつ飲ませました。すると、嫌がることなく、吸うようにして飲んでくれました。

一度成功すると自信が付き、様々なお子さんに飲ませてみました。成功することが多いのですが、時には失敗もします。口に薬を入れても吐き出す子や、手でスポイトを払いのける子など様々です。無理矢理の飲ませたお子さん(もちろんお母さんの許可を得て)の中には、薬局に入ってくると、こちらをじっと見て警戒する子もいました。しかし、失敗しても、感謝されることはあっても、責められることはありませんでした。

現在まで400例近く試しましたが、1歳半くらいまでなら、まずスポイトで大丈夫です。飲ませるコツは、次の4点です。


関連記事

おすすめ情報

NIKKEI STYLEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索