配偶者控除額、夫と妻の所得で判定 年末調整の変更点

会社勤めの人は例年11月ごろになると年末調整に関する書類を配布されます。年末調整は、この1年の所得とそれにかかる所得税を決定するものです。今年は配偶者控除・配偶者特別控除の仕組みが変更され、会社から配布される年末調整に関する書類の記入が難しくなっています。変更点を中心にお話したいと思います。

■提出書類は2枚から3枚へ

すでに年末調整に関する書類を受け取った人もいるのではないでしょうか。子供が16歳になると扶養控除の対象になりますし、生命保険に加入していれば生命保険料控除を受けられます。必要事項を記入して提出すると、会社が税金の計算を代行してくれます。

昨年と同様であれば今年も、

1 平成31年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申請書

2 平成30年分 給与所得者の保険料控除申請書兼給与所得者の配偶者控除申請書

の2枚になるところですが、今年から2の書類が2つに分かれ、以下のように3枚になりました。

1   平成31年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申請書

2−1 平成30年分 給与所得者の保険料控除申請書

2−2 平成30年分 給与所得者の配偶者控除申請書

1の書類は昨年までと同じく、来年の家族構成を事前に伝えて、毎月の給与から概算の税額を差し引く(源泉徴収の)ための書類です。2−1の書類は生命保険や地震保険、確定拠出年金に加入している場合に支払った保険料や掛け金などを記入するもので、昨年と大幅に変わるわけではありません。

今回の記入に際して、苦労する人が多いと考えられるのが、2−2の書類です。

■本人と配偶者、それぞれの所得を記入

今年から配偶者控除・配偶者特別控除の額の判定について、本人の所得を3段階で区分し、配偶者の所得も加味するというルールに変わりました。このため、2−2の書類を記入する際は、本人の所得と配偶者の所得、控除額を自分で計算していくことになります。

実際の記入の順番は以下の通りです。


関連記事

おすすめ情報

NIKKEI STYLEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索