インフルの季節が来た! ウイルス知識をクイズで点検

インフルエンザやノロウイルスなどがはやる季節。
正しい情報をどれだけ知っているだろうか。
1000人に聞き、正答率が低い順にランキングした。1位 風邪やインフル予防に取りたい栄養素は?
正答率9.2%

(1)ビタミンA (2)ビタミンC (3)ビタミンD

風邪やインフルエンザなどの感染症にかからないためには、日ごろから免疫力を高めることが重要だ。江田クリニックの江田証院長は「ビタミンDはカテリシジンという、抗ウイルス作用のあるタンパク質を誘導し、免疫力を高める」と解説する。

ビタミンDはイワシやサケなどの魚や、マイタケなどのキノコ類に含まれている。日光に当たると体内でも生成される。晴れた日に手袋をしないで屋外で15分程度過ごすだけでも効果があるという。

ビタミンCと答えた人は80%いた。池袋大谷クリニックの大谷義夫院長は「マラソンランナーらを対象にした実験では風邪予防に効くことが確認されており、とても疲れている時や運動量が多い人にはいいが、普段から取るならビタミンD」としている。

答えは(3)

2位 インフル、ワクチンを打つ回数は?
正答率26.5%

(1)何歳でも1回で良い

(2)13歳以上なら1回

(3)15歳以上なら1回

インフルエンザワクチンは毎年、その年に流行しそうなウイルスの予測に基づき作られる。接種回数は年齢によって決まっており、12歳以下は免疫がつきにくいため、2回が一般的だ。1回目から2〜4週間空けて2回目を接種する。

13歳以上は、特に医師が必要と認めるケースを除けば1回で良く、65歳以上の高齢者も1回で抵抗力が得られる。接種後、5〜6カ月ほど効果が持続すると考えられている。

例年、インフルエンザの流行期は12月から3月。ワクチンを接種してもインフルエンザにかかることがあるが、合併症や重症化を防げる。市販薬の添付文書では服用量について「15歳以上から」と書かれていることが多いためか、(3)と回答した人が45%いた。

答えは(2)

3位 小・中学生のインフル、火曜に発熱、金曜に解熱なら登校はいつから?
正答率27.4%

(1)月曜以降 (2)火曜以降

2015年に学校保健安全法が改正され、インフルエンザによる学校の出席停止期間の基準が変わった。以前は「解熱後2日を経過するまで」だったが、解熱してもウイルスの排出が続くケースがあるため「発症した後5日を経過し、かつ解熱した後2日を経過するまで」になった。高校や大学なども同様だ。

発症、つまり発熱が始まった日は含まず、その翌日を1日目と数える。まるまる5日間は休み、その翌日から登校が可能となる。幼稚園に通う幼児の場合は「発症後5日かつ解熱後3日」と1日長い。この設問に当てはめると、火曜以降に登園できる。

答えは(1)

4位 インフルのウイルスが最も生存しやすいのは?
正答率35.5%

(1)マフラー (2)雑誌 (3)硬貨

インフルエンザウイルスは、金属やプラスチック、ガラスなど表面がつるつるした物質や手では24〜48時間生存するが、紙や繊維では8時間以内しか生存できない。

電車などの手すりやドアノブにもウイルスが付着していることがある。感染の恐れがあるのでなるべく触れないか、こまめに消毒して対策したい。表面が平らなスマートフォン(スマホ)やパソコン、電話などもウイルスが生存しやすいので気をつけよう。顔に近いせいか、(1)を選んだ人が59%いた。衣服についたウイルスの活性が高いのは15分程度だ。

答えは(3)

5位 風邪の予防には水よりうがい薬が良い?
正答率36.6%

(1)はい (2)いいえ

うがい薬には殺菌・消毒効果があり、「風邪の予防には水うがい、風邪をひいたらうがい薬と使い分けると良い」(大谷さん)。

のどから肺にかけての気道にある線毛には、外から入ってきたウイルスを排出する役割がある。線毛が乾燥するとその働きが鈍り、風邪をひきやすくなるため、うがいで潤すのは有効だ。

ただし、うがいは水がいいとの実験結果がある。2005年に京都大学の川村孝教授が行った臨床実験で、水でうがいをしたグループはまったくうがいしなかったグループに比べて約40%、風邪の発症を抑えられた。うがい薬を使ったグループは約12%だった。

答えは(2)

6位 ノロウイルスの予防、二枚貝は火を通せば大丈夫?
正答率44.8%

(1)はい (2)いいえ

ノロウイルスは感染力が非常に強く、主な症状は嘔吐(おうと)、下痢、腹痛。強い脱水症状を引き起こすこともある。ウイルスに汚染されたカキやアサリ、ハマグリなどの二枚貝が感染源となるが、ウイルスは熱に弱いので生や半生で食べなければ大丈夫。厚生労働省は中心部を85〜90度で90秒以上加熱するのが望ましい、としている。調理中にウイルスがまな板などに付着することもあるので、消毒や手洗いを徹底しよう。

答えは(1)

7位 便の色で問題ないのは?
正答率46.8%

(1)赤 (2)黒 (3)緑

さいわいこどもクリニックの木実谷貴久診療部長によると、「子供の下痢便で赤い便や黒い便は消化管で出血していると考えられ、早急に受診する必要がある」。腸重積や感染性胃腸炎などの可能性が疑われ、ロタウイルスによる胃腸炎の場合は白っぽい便が出る。一方、「黄色や緑の便は大丈夫」(木実谷さん)という。大人の場合も赤や黒の便は要注意。大腸のポリープや食道・胃の潰瘍など病気のサインになることもある。

答えは(3)

8位 風邪は抗生物質を飲むと早く治る?
正答率53.6%

(1)はい (2)いいえ

風邪やインフルエンザはウイルス性のため、抗菌薬である抗生物質は効かない。細菌による肺炎や溶連菌感染症などでなければ服用する必要はない。抗生物質を飲みすぎると、抗菌薬が効かない薬剤耐性菌が体内で増加する原因にもなる。それでも「風邪をひいたら抗生物質」との思い込みは根強く、厚労省は2020年までに使用量を3分の2に減らすことを目指している。

答えは(2)


関連記事

おすすめ情報

NIKKEI STYLEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索