保湿で手荒れ防ぐ ハンドクリームは症状別に使い分け

手荒れを予防、改善するには、どうすればよいのか――。洗浄力の強い石けんで頻繁に手を洗う、湿ったハンカチで手を洗うといった、手指を刺激する習慣をやめ、こまめな保湿で皮膚のバリア機能を守りたい。今回は、症状別に最適なハンドクリーム選びを紹介する。

◇  ◇  ◇

ケアの2大柱は水や乾燥からの「防御」と徹底した「保湿」だ。手洗いや水仕事は生活上避けられないゆえ、「洗い方」を見直したい。

手洗いは「石けんを使う場合はよく泡立て、よくすすぐ。水滴が残っていると気化するときに潤いを奪うので、タオル地など吸水性の高いハンカチでしっかり拭くとよい」(野村皮膚科医院の野村有子院長)。なお、公共施設などのハンドドライヤーは「長時間使うと皮膚に必要な水分も飛んでしまう恐れがある」と、野村院長は注意を促す。殺菌作用の強い石けんの使用もほどほどに。

食器を洗う際は「“ぬるま湯でため洗い”がお勧め。流しっ放しだと皮脂が奪われやすい。手袋の使用や、洗剤選びも大切」(埼玉県済生会川口総合病院皮膚科の高山かおる主任部長)。洗う前に食器の油汚れを拭きとるなど、洗剤や水量を減らす工夫もしたい。

そして手が水に触れた後は必ずハンドクリームで保湿を。“こまめにたっぷり”が鉄則だ。「よく手を洗う人は、『塗ってもすぐ洗い落とされるから意味がない』というが、クリームは塗った直後から角層に浸透していくので、洗って多少落ちたとしても無駄にはならない」(高山主任部長)。

クリームは気になる症状別に選ぶと効果的だ。フェイスケアと同じ発想で「全体は保湿系をつけ、気になる部分に症状別のものを重ねづけするのもお勧め」(野村院長)。

塗り方も大事。「ごしごしすり込まず、大事なものに塗るように。手の線に沿って伸ばすと成分が浸透しやすい。ささくれ対策に爪周囲も塗るとよい」と、高山主任部長はアドバイスする。

なお、ステロイドを含む市販の皮膚炎治療薬は強いかゆみに有用だが、「用法用量を守り、短期間にとどめて。症状のある部分にだけ使うようにしてほしい」(高山主任部長)。

(イラスト:進藤やす子)野村有子さん
野村皮膚科医院(横浜市神奈川区)院長。日本皮膚科学会皮膚科専門医。慶應義塾大学医学部皮膚科教室を経て1998年開業。手荒れのケア指導に力を入れており、メディアにも数多く登場。高山かおるさん
埼玉県済生会川口総合病院皮膚科(埼玉県川口市)主任部長。日本皮膚科学会皮膚科専門医。東京医科歯科大学医学系研究科博士課程修了後、同大学勤務を経て2018年より現職。

(ライター:渡邉真由美、構成:日経ヘルス 中西奈美)

[日経ヘルス2019年2月号の記事を再構成]


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

NIKKEI STYLEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索