新型コロナウイルスの被害が世界で最も深刻な米国でも、医療崩壊を防ぎながら流行の抑え込みに成功しつつある都市もある。米疾病対策センター(CDC)のお膝元、ジョージア州アトランタ市もその一つ。同市の大学病院で働く救急医への取材をもとに、医療従事者の感染防御策や市民の備えを報告する。

ジョンズホプキンズ大の集計では、同州の5月1日時点の感染者は約2万6千人、死者は約1100人に上る。人口当たりの死者は米国平均の5割強にとどまる。ワシントン大は同州の患者数のピークは4月28日と推定。その際でも利用可能な集中治療室(ICU)のベッド数に対し、患者数は約74%の水準に押しとどめられる見込みだ。

アトランタのエモリー大病院救急救命科で働く中嶋優子助教授によると、一時は50人超の重症の感染者をICUで受け入れた。これまで約120人の救急スタッフから1人の感染者が出たが、院外での感染の可能性が高い。その濃厚接触者として隔離を命じられたスタッフもおらず、院内感染対策が機能したことがうかがえる。

院内感染の原因の多くは、マスクなど感染防護具を外す際に外側の汚染面を触るなどの単純なヒューマンエラーだ。過度の負担やストレスが通常なら犯さないミスにつながる。院内感染が広がれば、診療は機能停止。一般診療にも支障を来し、周辺病院の負荷も高まる負のループを招く。日本でも「医療崩壊」として懸念される事態だ。

同病院では、流行の影響で患者が減った他科から応援人員も得て、流行開始後も救急スタッフは平時の労働時間を維持した。中嶋助教授は「心身に余裕を持てている。医療従事者が自己犠牲の精神で働くと医療崩壊は早まる」と指摘する。こうした考えはアトランタに本部がある米CDCが強調。日常的にCDCからの指導を受ける市内の病院に浸透しているという。

新型コロナの感染対策の基本は医療用マスク、ガウン、ゴーグル、手袋の装着。「たとえ患者が心肺停止の状況に陥っていても、防護具の装着手順を徹底する」と中嶋助教授は語る。

救急隊は患者の搬入時、呼吸を補助するマスクの装着などウイルスを含む微粒子が飛散するリスクがある処置は避ける。やむを得ない場合も、院内に入る前に極力一度外す。医療スタッフの安全を最優先にする。