「子どもの可能性を伸ばすには、習い事をさせてあげなくては」「良い学校へ行くために、塾に行かせなくては」――。こんな親の思いから、覚えたり、できることが増えてくる3歳前後から、英語教室や幼児塾のような塾、水泳、体操などといった習い事に通う子が増えます。お子さんは外に通うことが楽しかったり、できることが増えて褒められることがうれかったりして、親の言うがままに習い事を始めることが多いようです。

成長と共に、周囲の流れやその時のはやりではじめることが多く、1つの習い事は月5000〜8000円程度で始められることが多いため、数を増やしがちです。次第に大きな固定費となり、家計のやりくりに困るという始末になることもあります。

習い事や塾など、学校外での教育費を考えるときに大切なことは「やめ時」を見極めることです。はじめは子どもが楽しそうにしているように見えても、実は親の希望であったり、単に惰性で続けていたりする場合もあります。一度頑張らせる、我慢させるということも必要でしょう。場合によっては、そこから将来の有名選手や、何かの発明者が生まれる可能性もあるので、本当に難しいと思います。だた、実際にそうなれるのはほんの一握り。お子さんの様子、どのように取り組んでいるかをよく観察し、子どもが本当に取り組みたいこと、継続したいことを理解してあげるように努めましょう。大人もそうですが、子ども自身も変化を基本おそれます。そっと子どもの声に耳を傾けることも必要です。子どもは何でも「やりたい」と言うものですが、「本当にやりたいこと」に絞っていくことが、子どもにとっても良いでしょうし、家計にとっても固定費を無駄に膨らませずにすみます。

データをしっかりと取ったわけではありませんが、家計相談でお客様の支出状況を見ていると、お子さん1人につき、月に2万〜3万円ほどを習い事にかけている人が多いようです。お子さんの年齢や世帯の年収、お住まいの地域などによっても変わるものですが、全体的に見るとこのくらいだと思います。一方でやりたいものは何でもやらせる主義とか、良い学校へ入るために塾や家庭教師代は惜しまないというご家庭もあります。そういうご家庭は学校外の教育費が10万円を超えるということもありがちですが、子育てから見ても、金銭面から見ても、将来的に大きな失敗につながってしまうこともあるようです。

3歳ごろから習い事に通う子が増える(写真はイメージ=PIXTA)

教育費について調査している文部科学省の「子供の学習費調査」(平成30年度分)で塾や習い事などの「学校外活動費」についてみると、受験直前に一時的に高くなりますが、幼稚園から高校までおおむね1人あたり月に1万〜3万円ほどです(私立小学校は月5万円超と公立の3倍の金額になるのですが、小学校の総数に占める私立の割合は1.2%と小さいので、あまり参考にしなくてもよいと考えます)。

これが2人、3人になると、家計の負担は相当なものになります。子どもには平等にお金をかけたいと思うご家庭がほとんどでしょう。複数の習い事があるのなら、家計状況と照らし合わせながら「やりたいことを1つだけ」などと家庭内でルールを決めておくと、ある程度平等を保つことができるでしょう。「どれが一番やりたいか」を子ども自身が考えて選んだなら、やる気も維持され、長続きもするでしょうし、経験として生かされるものになると思います。