世界中で新型コロナウイルス感染症が広まっている。自分や家族の命と健康を守るためには、感染対策はとても重要だ。しかし、新型コロナを恐れるあまり他の病気にかかってしまっては意味がない。熱中症は非常に危険な病気だが、今年は特に新型コロナの影響で、より危険が高まっているという。なぜ、熱中症への警戒が必要なのか、どうすれば防げるのか。熱中症と熱中症の原因ともなる脱水の危険について警鐘を鳴らす「教えて!『かくれ脱水』委員会」の副委員長を務める済生会横浜市東部病院患者支援センター長兼栄養部部長の谷口英喜医師に話を伺った。

■熱中症は一刻を争う

「熱中症と新型コロナの症状は、共通するものが多いんです。全身倦怠(けんたい)感、頭痛。吐き気や食欲がないといった消化器症状。筋肉痛、関節痛、発熱。これらの症状は、すべて新型コロナと熱中症で共通して起こります。新型コロナに特徴的だと話題の味覚異常も、熱中症でも起こりますよ」と谷口さんは言う。医師でも、症状だけで見分けるのは難しいそうだ。

問題は、熱中症は一刻を争う病気だということだ。

「熱中症は、ほうっておくとその日のうちに死に至る病です。急に重症化するという点では、実はコロナよりも熱中症のほうが怖いんです。ですから、もし上記のような症状が出たら、まず熱中症を疑ってください」(谷口さん)

熱中症の主な原因は、暑熱環境と脱水だ。脱水状態で暑熱環境が加わると熱中症になりやすくなる。人間の身体の約6割は水分と塩分(電解質)からなる体液でできている。脱水とはこの体液が不足した状態なので、改善するには水分と塩分の両方を補う必要がある。経口補水液は、水分と塩分に一定量の糖分を加え、素早く吸収できるように濃度が調整されている。ドラッグストアなどで購入できるので、一分一秒を争うときのため冷蔵庫に1、2本入れておくと心強い。

「経口補水液を飲んで症状がおさまるようならば脱水症を伴った熱中症の可能性が高く、そのくらいのレベルなら病院に行く必要はありません。もし新型コロナやインフルエンザのような感染症だったとしても、経口補水液を飲んで汗をかけば、熱を下げられます。いったん熱が下がっても、しばらくしてまた熱が上がってくるようなら、新型コロナを疑ってください」(谷口さん)

オンラインで取材にこたえてくれた谷口先生の壁紙(背景)は…「STOP 熱中症」

■小さい子どもにマスクはリスク。運動時は、素材を選んで

ところで、いまや外出時の必須アイテムとはいえ、マスクをすると暑苦しい季節になってきた。マスクが熱中症の原因になることは、あるのだろうか。

マスクをしていると、わざわざはずして水分をとることが面倒になる? (c)nmyyypix-123RF

「大人の場合は、マスクをしているだけで熱中症になることはないと思います」と谷口さんは言う。ただ、マスクをつけると吐く息の熱がこもりやすい、喉の渇きを感じにくい、水分補給できない(マスクを外して水分を取ることを遠慮してしまう)などの理由で、脱水になる可能性がある。特に高齢者は脱水になりやすいので、意識してマスクをはずして定期的に水分をとろう。

小さい子どもは、マスクで熱中症のリスクが高まる可能性がある。大人は汗をかくことで体温調節できるが、子どもは汗腺があまり発達していないため、呼吸で体温調節をする。マスクで口の中に熱がこもると体温が下げられず、熱中症になりやすいのだ。マスクで呼吸がしにくくなるため、より重症化する可能性もある。

「小学校入学以前の乳幼児には、基本的にマスクをさせないでください。人混みの中などやむを得ない場合でも、できるだけつけている時間を短くしましょう。小学生くらいになればある程度自分で判断ができるので、状況によってつけはずしをするように指導するといいでしょう。基本的に人と距離をとっているとき、話をしないときは、マスクをはずしてかまいません。また、運動をするときや暑いところでは、はずしましょう。地域によっては小学校でも体育の授業はマスクをつけなくていいことになっています。登下校のときも、話をせず、十分な間隔を空けるのであれば、マスクをとっていいでしょう」(谷口さん)

大人はマスクだけで熱中症にはならないということだが、ジョギングなどスポーツをするときは、どうだろう。

「マスクをつけて運動をするのは、大人にとってもリスクがあります。基本的に、運動するときにはマスクはつけないほうがいいですね」と谷口さんは勧める。「ただし、周囲に人がいるときは、マナーとして何か口を覆うようなものをつけたほうがよいでしょう。医療従事者が使う不織布マスクは熱がこもりやすいので、メッシュ素材や冷感素材の布製のものがお薦めです。飛沫を防げればよいので、タオルやバンダナを口の周りにまく程度でもいいと思います」