肉のいぶし焼きに動画映え鍋 18年の外食ヒット予測

 百花繚乱、トレンドが生まれては消える外食業界において、18年のヒットを占うキーワードは4つある。

 1つ目は「掛け算の調理法」。特に好調が続く肉業態では、従来とは異なる調理法を取り入れることで新鮮味を与え、差別化を図る傾向が見られる。

ヒルトン東京のメトロポリタングリルでは、17年11月から桜ウッドプランク・グリルを取り入れ、全グリルメニューで追加料金なしで楽しめる

 なかでも注目なのが「ウッドプランク・グリル」と呼ばれる手法だ。木の板をグリル台や、じか火に置いた網に載せ、その上で肉をいぶしながら焼く。桜の木などを使うことで、肉に燻製特有のスモーキーな香りが移るのが特徴だ。米国で話題の調理法で、日本でも17年11月からヒルトン東京のレストラン「メトロポリタングリル」が桜の板を使った桜ウッドプランク・グリルのメニューを提供。自宅では味わえない、外食ならではの料理といえる。

モスバーガーは18年3月末から期間限定で、ハニーレモンシロップを混ぜると色が変わるラベンダーレモネードを販売

 2つ目のキーワードは「動画映え」。インスタ映えの延長線上で、注目度急上昇中なのが動画映えする食べ物、いわゆる「ムービージェニックフード」だ。バタフライピーというハーブを使った青いドリンクは、酸性のものを加えると赤や紫色に変わる様子が「動画で見せたくなる」と話題を呼ぶ。火にかけた後、温度が上がるにつれて具材の形や汁の色が変わったり、メレンゲが膨らみドーム状になったりする「動画映え鍋」も、SNS時代にヒットする外食メニューの好事例だ。

ニューニューヨーククラブベーグル&サンドイッチショップ麻布十番店の「レインボーカラーベーグル」(税別350円。週末限定発売)

 インスタ映えフードも依然として人気を集める。スイーツやベーカリー業態では17年以降、鮮やかな七色が目を引くレインボーカラーのスイーツやベーカリーがインスタ映えすると話題に。東京・麻布十番にある「ニューニューヨーククラブベーグル&サンドイッチショップ」では、週末になるとレインボーカラーのベーグルを求めて開店前から客が列をなす。切った断面が七色の層になっているケーキや、淡い虹色をした綿あめなども若い女性を中心に根強い支持を得ている。 

 3つ目のキーワードは「地方回帰」。引き続きのトレンドワードだが、「地方の食文化を背景に持つ、ストーリー性のある料理が人気を集めている」(ホットペッパーグルメ外食総研エヴァンジェリストの竹田クニ氏)。

 例えば、「ご当地焼き鳥」として人気急上昇中なのが鶏皮焼き。ここ数年、博多天ぷらの店がヒットしていたが、鶏皮焼きも博多が発祥のソウルフードだ。焼き鳥の串に鶏皮を隙間なく刺し、しょうゆ系のタレに漬けて焼き、寝かせるという作業を数日間繰り返して作る。食材、味、手法すべてに特徴がある焼き鳥だ。

関連記事

おすすめ情報

NIKKEI STYLEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索