注目の新製品や新サービスをピックアップ、日経PC21編集部が実際に試用して商品を評価する。今回取り上げたのは、アンカー・ジャパンの「サウンドコア ウェイキー」だ。

アンカー・ジャパン 「Soundcore Wakey(サウンドコア ウェイキー)」
●実売価格 1万円前後 ●オーディオ出力:5W×2
●ワイヤレス充電出力:最大10W ●通信機能:ブルートゥース5.0
●サイズ:幅200×奥行き92×高さ82ミリ ●重さ:572グラム

ワイヤレススピーカー、時計、FMラジオ、充電器の「一台四役」という個性的な「サウンドコア ウェイキー」。機能を欲張りすぎの感もあるが、仕上がりは悪くない。

前面のボタンで、音量調節やFMラジオの起動、目覚ましのスヌーズといった操作ができる。ボタンはタッチ式で、白く点灯するため暗い寝室でも押しやすい。時刻を表示するLEDは十分な輝度で、明るい部屋でも視認性は上々だ。輝度センサーも搭載するので、部屋の明るさに応じて自動調整してくれる。

前面下部には、状況や操作によって再生/停止や電話応答などの動作が変わる多機能ボタン、音量調節やスヌーズ停止、FMラジオのオンオフといったボタンを配置。タッチ式なので軽く触れるだけで操作できる背面にある2つのUSB端子は充電用で、アンカー独自の高速充電技術「パワーIQ 」に対応。FMアンテナや電源入力、音声入力用の端子も備える前面の時刻表示はLEDでくっきりと浮かび上がる。明るい場所での視認性も良好。周囲が暗くなると自動で輝度を落としてくれる

上面はQi(チー)対応のワイヤレス充電台。対応機器を円形部分に置くだけで充電が始まるのは楽だ。ワイヤレス充電に非対応の機器でも、本体背面に充電用のUSB端子があるのでケーブルを介して充電できる。音質は低音がしっかり出てメリハリがある。小音量でも無理なく鳴らすのは好印象だ。

上面の円形部分がワイヤレス充電対応エリアで、対応機器を置けばすぐに充電が始まる。滑りにくい素材で安定感がある。正常に充電されていれば前面のLEDが青色に点灯し、そうでなければ点滅するので思わぬ充電ミスも避けられる

本領発揮はスマホアプリと連携してこそだ。目覚ましの時刻やLEDの明るさ、FMラジオの放送局の登録、「睡眠モード」で流す効果音などは、アプリ側でしか設定できない。

スマホアプリの「Soundcore」はアラームやLEDなどの設定に必須だ(左図)。LED の明るさは5段階で手動調節できるほか、常時消灯にも設定できる(右図)。指定時間帯に自動消灯する「夜間モード」も搭載する

睡眠モードは風や波の音といった効果音を組み合わせて流せるので、寝付きが悪い夜にお薦めだ。ちなみに、同社のワイヤレススピーカーと似ているので誤解しがちだが、バッテリーは非搭載。電源ケーブルが必要な点には注意してほしい。

FMラジオは手動で放送局の周波数を設定する(左図)。登録数は最大10局。放送局名が表示されないのは惜しい。ラジオ放送はアラームとしても設定できる。「睡眠モード」では、雨音や鳥のさえずりなど約10種の効果音を組み合わせ、自分だけのヒーリング音が作れるのが面白い(右図)

(ライター 五十嵐俊輔)

[日経PC21 2020年2月号掲載記事を再構成]