「NHKプラス」は、地上波で現在放送中の番組(一部を除く)を、インターネット上でもほぼリアルタイムで視聴できるサービス。画面はパソコンのウェブブラウザーで視聴しているところ

NHKは3月から試験運用していた「NHKプラス」を4月に正式スタートした。地上波の総合テレビとEテレの番組を、放送と同時にインターネットで配信するサービスだ。

配信するのは、午前6時から翌日午前0時までに放送される番組(注)。パソコンではウェブブラウザー、スマホやタブレットでは専用アプリを使って、放送から30秒程度の遅延で視聴できる。加えて、番組の終了後7日間は、「見逃し番組」としていつでも視聴可能だ。なお、権利上の問題などにより、すべてや一部が配信されない番組もある。

「NHKオンデマンド」は名称の通り、リアルタイムではなく、対象の番組を好きなときに視聴できるサービス。NHKプラスとは、視聴可能な番組の種類も費用の有無も異なる

NHKは2008年から、有料の番組配信サービス「NHKオンデマンド」を提供している。こちらは同時配信ではなく、放送済みの番組から厳選されたものを視聴できるサービスという違いがある。「プラス」の開始に合わせて、「オンデマンド」の料金プランとサービス内容も一部変更された。

NHKプラスは、ウェブサイトで会員登録をすれば無料で利用できる。ただし、利用者の世帯が地上波放送の受信契約をしている必要があり、受信契約が確認された会員にはがきで届く「確認コード」を入力しないと継続利用できない。1契約当たり1つのIDしか登録できない代わりに、生計を共にする人を含め、5画面(機器)まで同時に視聴可能だ。

(注)南関東エリア(埼玉県、千葉県、東京都および神奈川県)で放送される番組が対象。

(ライター 斎藤幾郎)

[日経PC21 2020年6月号掲載記事を再構成]