「島耕作」シリーズなどで知られる漫画家の弘兼憲史さん。早稲田大学を経て松下電器産業(現パナソニック)でサラリーマンを経験するなど異例なキャリアから人気漫画家になった。新型コロナウイルスの影響で日本経済は停滞気味だが、72歳の今も現役バリバリ、島耕作も「相談役」として奮闘中だ。

「コロナの影響はほぼゼロ。会食が減ったおかげで3キロダイエットできたし、筆も進んで締め切りに追われなくなった」。弘兼さんは笑ってこう話す。スタジオには常時5人程度のスタッフがいるが、もともと間仕切りがあり、2メートル以上のソーシャルディスタンスがとれており、自身は個室。漫画の執筆活動に影響はしない。

ただコロナの感染拡大は想定外。講談社のツイッターを活用したリレー連載企画で「マスク島耕作」が話題になったが、「顔にマスクをすると、表情をうまく描写するのが難しくなる」とこぼす。弘兼さんの分身ともいえる島耕作は72歳で昨年会長を退き、相談役になった。社内の事業から一線を画し、2020年は五輪開催をにらみスポーツビジネスに関わると想定されたが、「(五輪が)延期になったから。この展開も変わりますね」という。

島耕作シリーズで驚かされるのは弘兼さんが経済界に精通し、しかも一歩先を予言するようなストーリーを展開していることだ。09年にパナソニックは三洋電機(当時)を買収したが、その前の08年春の島耕作シリーズで「初芝」と「五洋電機」の経営統合を見事にスクープし、話題を集めた。

このようなストーリーを展開できるのは弘兼さんの取材力と経済人との幅広い交流にある。1970年に早大法学部を卒業した後、松下電器本社の宣伝部門に配属された。「経営の神様」と呼ばれた創業者の松下幸之助氏を間近で見た最後の世代だった。サラリーマン生活はわずか3年だが、同期は実に900人。83年からスタートした「課長島耕作」の取材でも大いに役立つ人脈となった。パナソニックの海外の工場を取材に出かけても空港まで元同僚らは迎えにきてくれる。