夏を快適に過ごすための大人向けクールウエアを取り上げる特集の第3回は、ここ数年、夏の休日ファッションのトレンドになっているヘビーオンスTシャツを紹介する。オンスとは生地の厚さを表す際に用いられる単位で、数値が大きいほど生地が厚い。一般的なTシャツの生地は3〜4オンスだが、今回は6オンス以上のTシャツを取り上げる。

生地が厚いTシャツの一番のメリットは、Tシャツ一枚で着てもだらしなく見えないことだ。厚手のため見た目がラフになりすぎず、白い無地Tシャツでも見栄えがいい。体形隠しにもひと役買うので、大人の街歩きに最適なTシャツといえる。生地が厚いぶん暑いと思われるかもしれないが、Tシャツ+シャツといった定番の着こなしに比べ、Tシャツ一枚なので涼しく動きやすいだろう。

■米国製ならではのタフな仕上がり

キャンバー「100% COTTON 8OZ MAX WEIGHT CREW NECK POCKET TEE S/S」(6800円・税別、以下同)

キャンバーはMade in U.S.A.にこだわり、現在でも自社工場で素材から製品まで一貫した生産を行う生地メーカー。ヘビーオンス生地を追求しており、素材の風合いが豊かなTシャツやスエットは高い人気を得ている。

今回紹介するのは、同社を代表する8オンスのコットン100%生地を使用したポケットTシャツ「100% COTTON 8OZ MAX WEIGHT CREW NECK POCKET TEE S/S」だ。極限まで糸の密度を詰めて編み立てた生地はコシがあり、ドライな肌触りを特徴とする。脇に縫い目のない丸胴編みのボディーなので、ステッチが体に触れることなくストレスのない着心地を楽しめる。

無地だが大きめの左胸ポケットがアクセントになっており、ゆったりとしたボックスシルエットも今っぽい。ネックリブや縫製も丈夫で、着れば着るほど肌に馴染み、風合いも増していく。まさにMade in U.S.A.のウエアを体現するヘビーデューティーな1枚となっている。

「ここ4〜5年、ヘビーウエートなアイテムをオーバーサイズで着るのがファッショントレンドとなっているため、売り上げは非常に好調」(キャンバーを取り扱うアイメックスの鈴木賢治氏)。10代のファッション好きな男女から、50代のアメカジ世代まで幅広い年齢層に支持されているという。

コットン100%の8オンス生地を使用。厚手でタフな米国製らしい1枚だ