東京五輪聖火リレーの九州7県・沖縄県の日程

 来夏に延期された東京五輪の聖火リレーについて大会組織委員会は28日、来年3月25日に福島県楢葉町のサッカー施設「Jヴィレッジ」を出発し、121日間で全47都道府県の859市区町村を巡る日程を発表した。今年予定していた日程を1日ずつ前倒しした以外は、走行ルート、既に決まっている全国約1万人のランナーも含め、従来の計画を基本的に引き継ぐ。

 九州7県と沖縄県では、4月23日の大分県のスタートを皮切りに、5月12日の福岡県のゴールまで、各県2日間ずつ聖火が走る。その後も各地を回り、最後に7月23日の五輪開会式で国立競技場の聖火台にともされる。

 組織委は新型コロナウイルスの感染拡大による延期を受け、大会の簡素化とコスト減に取り組んでいる。聖火リレーの見直しは、各自治体から「機運を盛り上げたい」と日程維持を求める意向が示されたこともあり、隊列の車両やスタッフの数、各日のゴール地点で行う祝賀行事「セレブレーション」の装飾などの削減にとどめた。

 聖火は、3月にギリシャ・オリンピア遺跡で採火され日本に運ばれ、延期決定後も保管されている。聖火リレーのコンセプトは「希望の道を、つなごう。」。組織委は28日、「東日本大震災の被災地をはじめ日本全国の人々に希望と勇気を与え、新型コロナを乗り越えた先にある人類の希望を全世界の人々に示していく」とのメッセージを発信した。

 東京パラリンピックは、来年8月12日から競技会場のない43道府県で採火イベントを行い、採火と聖火リレーを17日から24日の開会式まで、競技会場がある静岡、千葉、埼玉、東京の4都県で順次行う。

 (下村ゆかり)

九州の走者も意気込み

 新型コロナウイルスの影響で延期された東京五輪の聖火リレーの日程が公表された28日、九州のランナーたちは安堵(あんど)とともに、晴れ舞台を疾走する決意を新たにした。

 「来年走った方が見る人に伝わるものがある」。2016年の熊本地震で被災した熊本県南阿蘇村の中学2年宮田鉄平さん(14)は延期を前向きに捉え、リレーが始まる来春を待つ。

 村では31人が犠牲になり、交通インフラも大打撃を受けた。それでも4年半の歳月を経て、不通が続いていたJR豊肥線が今年8月に全線再開。新阿蘇大橋もリレーのスタート間近の来年3月に開通する予定だ。

 聖火が熊本にやって来るのは、地震から5年の節目の時期に重なる。宮田さんは「『熊本はここまで元気になったよ』という思いを込めて走りたい」。

 大分県臼杵市の日本泳法「臼杵山内流」の指導者、西水克己さん(65)は聖火のトーチを手に市内の川を泳ぐ。五輪延期後に約4キロ太ったといい、「まだ本番まで7カ月。もう一度やる気に堪えうる体を作り、美しい脚の形で泳げるよう練習したい」と意気込む。

 今夏は新型コロナの影響で、小中学生の泳法習得のために開かれる恒例の「游泳(ゆうえい)所」も中止。臼杵山内流游泳クラブの土谷桂山会長(80)は「技術や文化が伝承される機会になってほしい」と期待する。

 福岡県のルート上の自治体には豪雨被災地や世界文化遺産の構成資産があり、小川洋知事は「復興や世界遺産など、いろんな角度から見た福岡の魅力を発信したい」と話した。

(長田健吾、井中恵仁、華山哲幸)