警部補、柔道熱血指導6年目 大会優勝者も数多く輩出、県警にも教え子

警部補、柔道熱血指導6年目 大会優勝者も数多く輩出、県警にも教え子

 長崎県警時津署警務課の馬場佳信警部補(53)は、長崎市内で毎週月曜日と金曜日、ボランティアで柔道を指導している。2012年から始め、4月で6年目に入った。子どもたちは親しみを込めて「馬場塾」と呼び、道場には笑顔があふれている。

 「一本取ったら声を出さんか」。長崎市かき道4丁目の橘中の武道場に、馬場さんのひときわ大きな声が響き渡る。自らも3分10本の乱取りに加わり、高校生や中学生に胸を貸す。肩で息をしながら「まだ負けんぞ」「何でそこで止まるとか。技を掛けんか」などと声を張り上げる。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

西日本新聞の他の記事もみる

主要なニュース

主要なニュースをもっと見る

21時09分更新

社会のニュースをもっと見る

20時40分更新

経済のニュースをもっと見る

19時56分更新

政治のニュースをもっと見る

20時51分更新

国際・科学のニュースをもっと見る

19時37分更新

エンタメのニュースをもっと見る

20時21分更新

スポーツのニュースをもっと見る

21時03分更新

トレンドのニュースをもっと見る

05時59分更新

仕事術のニュースをもっと見る

10時45分更新

生活術のニュースをもっと見る

15時00分更新

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索