あの日の恩人「原爆孤児」を追って  長崎原爆72年 シゲちゃんどこに

あの日の恩人「原爆孤児」を追って  長崎原爆72年 シゲちゃんどこに

シゲちゃん 長崎原爆72年(2)

 長崎大原爆後障害医療研究所(長崎市)の保管庫に「原子爆弾統計表」というぼろぼろの帳面が残っている。長崎医大付属病院で被爆した患者や付添人の生死の記録。6歳で孤児になり、愛称しか分からないシゲちゃんの家族につながる手掛かりだ。

 彼の母親が入院し、祖母が付き添っていた第2外科の記録では、患者26人のうち亡くなった女性は5人、付添人は3人。付添人は2人が夫婦とみられ、状況が合わない。残る1人は「横田」と記され、姓が一致する女性患者は1人だけ。死亡者名簿の「横田フサ子」がシゲちゃんの母親だった可能性が高い。

 「横田シゲ−」。フルネームは何だろう。彼が通ったとみられる平戸小屋町の朝日国民学校(現・朝日小)の学籍簿を当たろうとした。だが、市教育委員会によると「(シゲちゃんが入学した)1945年度分は残っていない」。シゲちゃんを孤児にした原爆が、名前も奪ったように思えた。

 一方、市がまとめた「長崎原爆戦災誌」(85年刊行)に、気になる孤児の記述がある。被爆翌日に別れたままの「命の恩人」シゲちゃんを捜していた池田道明さん(78)が、数年前に気付いた。福岡県久留米市から来た救護隊が孤児を保護して連れ帰り「看護婦寮でしばらく養育した」。保護場所は長崎医大付属病院で「五、六歳の男の子」と記しているのだ。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

西日本新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

社会の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索