全国から集う“よそ者たち” 21人の協力隊、地域支える 鍛冶屋さん伝承も 高知県四万十町

全国から集う“よそ者たち” 21人の協力隊、地域支える 鍛冶屋さん伝承も 高知県四万十町

 町営塾の講師役、鍛冶屋の技術伝承…。高知県四万十町では、地域おこし協力隊の姿をあちこちで見かける。過疎高齢化で「地域の持続可能性」が揺らぐ中、協力隊に起爆剤の役割を期待する市町村は多いが、21人もの大量採用は珍しい。キーワードは「地域に学び、地域を支える」−。全国から集う“よそ者たち”が活路を開けるのか。

 熊本県から妻と当時2歳の長女を連れて移住して2年余り。協力隊の任期は最長3年で野村一将(かずまさ)さん(34)にとっては最終年度だ。地域への貢献度を問うと、「家族でこちらの方がお世話になってます」と笑う。

 3月までは、大正地区の奥四万十を担当。集落の女性団体が廃校を利用して年2回開くバイキングの催しや、地域の神祭などを支援した。4月から担当は町役場がある窪川地区に変わったが、休日には奥四万十の住民に会いに家族で通う。

 熊本では西原村の観光牧場で約10年働いた。「経験を生かし、将来は子どもと動物との触れ合いに関わる仕事をしたい」。夢を実現させる第一歩として選んだのが、故郷の高知市に近い土地での協力隊だった。

 退任後は、四万十町を拠点に移動動物園を始める計画。「自分の好きな仕事で地域のにぎわいづくりに貢献したい」。昨年8月に生まれた長男を含め家族4人で定住することで町への恩返しになればとも思う。

 同町では2012年度、協力隊員2人を初採用。現在21人の出身地や前住所は東京、福岡、大分など18都府県に及ぶ。退任した11人のうち7人が定住している。

 東京出身の石井創(はじめ)さん(30)は「町内を循環する観光の仕組みづくり」が任務。来春の退任後も定住しゲストハウスを開く構想を描く。「一人一人の力は小さいが定住するOBやOGが増えれば、将来、大きな戦力になれる」と強調する。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

西日本新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

社会の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索