長崎市議会、辞職求める異例の「意見表明」 2度の勧告決議受けた市議に 発言を問題視

長崎市議会、辞職求める異例の「意見表明」 2度の勧告決議受けた市議に 発言を問題視

 吉原日出雄長崎市議の政務活動費不正請求疑惑に関連し、同市議会の五輪清隆議長は12日の定例会本会議で、吉原氏に議員辞職を強く求める異例の「意見表明」を行った。2度の辞職勧告決議を受けても辞職せず、「有権者に選ばれた議員にやめろと言うのはおかしい」などの発言を問題視した。だが、吉原氏は同日も辞職をあらためて否定。議会側も打つ手がなく、困惑しているのが実情だ。

 定例会はこの日、市政の重要課題を議論する一般質問がスタート。その冒頭、五輪議長が「吉原市議の発言について意見を述べたい」と切り出した。

 問題にしたのは、今月7日に2度目の辞職勧告を受けた直後、西日本新聞の取材での発言。車で視察に行きながらJR代を請求したことを「不正とは思わん」とし、辞職する考えがないことを示した上で「やめさせたければ市長が議会を解散すればよかっさ」などと述べた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

西日本新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索