人間国宝の歌舞伎俳優片岡仁左衛門さんが15日、福岡県太宰府市の太宰府天満宮を訪れた。2月2日から流罪の悲劇に遭った菅原道真公の物語「菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)」を演じるに当たり、ゆかりの地で参拝した。

 仁左衛門さんは本殿でお参りした後、境内に梅の木を植樹した。記者会見では「菅丞相(かんしょうじょう)」を四半世紀演じてきた心境の変化を披露。「最初は無念さが強かったが、今は恨みも持たずに宿命と解釈している」と円熟のコメント。「この役も神様からの頂き物。神の御心に従い演じる」と語り、絵馬に「神心我遵」としたためた。公演は歌舞伎座(東京)で同26日まで。