熊本県知事選は22日、投開票される。新型コロナウイルス感染拡大のため、選挙運動が抑制され、投票率低下も懸念される異例の選挙戦。元熊本市長の新人幸山政史氏(54)と4選を目指す現職蒲島郁夫氏(73)の無所属2人が、熊本地震からの復興施策や、現県政の是非を争点に支持を訴えている。

 幸山氏は社民の支持に加え、国民民主と共産の支援を受ける。前回の知事選で大敗した雪辱を目指し、過疎化が進む県南部と熊本市周辺との格差解消などを主張。蒲島氏が熊本地震復興の目玉に掲げる熊本空港へのアクセス鉄道整備などの大型事業を批判する。

 蒲島氏は、自民と公明が支援する。熊本地震からの住まい再建や熊本空港アクセス鉄道計画、被災道路の復旧などの実績を強調。新型コロナウイルス問題を受け、遊説や街頭演説を見送ったが、知事公務を優先する姿勢を示し、危機管理能力もアピールする。

 立憲民主は自主投票。

 有権者数は146万9534人(4日現在、県選管調べ)。

(和田剛)