新型コロナウイルスの影響でマスクの品薄状態が続く中、熊本県北部の個人宅に、注文した覚えがないマスク約50枚が代金引換で送り付けられていたことが22日分かった。県警荒尾署が注意を呼び掛けている。

 署によると、マスクが届いたのは21日午後3時半ごろ。数枚ずつ小分けした状態で袋詰めされていた。宛名にはこの家に住む女性の名が記されており、本人の留守中に家族が代金8500円を支払い、受け取ったという。女性が注文していないことが分かり「代引き詐欺では」と署に相談した。送り主の記載はあったが、実在するかは確認できていないという。

 新型コロナの感染拡大でインターネット上などでは、マスクの高額転売が横行。15日から、こうした行為が罰則付きで禁止されたこともあり、今後、同様の送り付け事案が増える可能性もある。署は「注文した覚えのない品は受け取りを拒否し、警察や消費生活センターに相談を」と訴えている。(古川努)