新型コロナウイルスの影響でマスク不足が続く中、福岡市西区の博多織工芸館で21日、博多織で作ったマスクが、訪れた人に無料で配られた。

 博多織製造販売「サヌイ織物」(同区)が製作。裏地は綿布で、手洗いして何度も使うことができる。11時の開始前に150人以上が並び、用意された約180枚は10分ほどで「完売」。午後はJR博多駅の直営店でも300枚を配った。

 マスクの無料提供は今後も続ける予定で、会員制交流サイト(SNS)で告知するという。福岡市の女児(8)は、「軽くて着けやすいし、きれい。学校が始まったら使いたい」と話していた。(川口史帆)