ドアノブに不気味な笑みを浮かべる黒いウイルス−。大分市の防災訓練企画会社「イグジット」が、こんなデザインのシールを販売している。

 社員向けの新型コロナウイルス対策として、帰社後の手洗い励行を決めたがなかなか実行されず、「必ず触る場所に注意喚起のサインがあると思い出してくれる」と考案。会員制交流サイト(SNS)で紹介すると話題になり、東京の会社が商品化した。

 同社出入り口のドアノブに貼ると、手洗いを徹底する社員が増え、「注意したり、されたりすることが少なくなった」。職場の雰囲気も良くなった様子。