新型コロナウイルスの影響で行事を見送った博多祇園山笠で唯一、新たに建てられた櫛田神社(福岡市博多区)の飾り山笠の御神入れが30日にあった。山笠に祭神を招く神事で、博多祇園山笠振興会の幹部など約10人が出席した。

 標題は表が「清正公虎退治誉(せいしょうこうとらたいじのほまれ)」、見送りは「桃太郎鬼退治誉」。「コロナ退治」の願いを込めて、博多人形師の中村信喬さん(63)、弘峰さん(34)親子が手掛けた。武将の加藤清正やおとぎ話の桃太郎が勇壮なよろい姿で躍動している。

 山笠振興会の武田忠也会長は「立派な山笠ができた。みなさんに喜んでもらえるのでは」。櫛田神社の阿部憲之介宮司は「1カ所でも飾り山笠が建ち、追い山の日の7月15日に祇園例大祭の神事も行うので、山笠の伝統は絶えません」と話していた。 (手嶋秀剛)