熊本県は13日、県南部の豪雨被害で避難所運営の支援に来ていた高松市の30代男性保健師が新型コロナウイルスに感染していたと発表した。症状はない。蒲島郁夫知事は同日夜の会見で、避難者を含めて約400人と接触した可能性があると明らかにした。

 県によると、男性保健師は8日から11日まで、人吉保健所や避難所の人吉市立第一中、旧多良木高(多良木町)などを巡回。マスクを着用し、避難者の健康チェックや避難所でのミーティングなどをしていた。夜は熊本市のホテルに宿泊。12日に高松市に戻った。両市の移動にはJRを利用した。

 高松市でPCR検査を受けたところ、13日に陽性と判明し、熊本県に連絡があった。県は避難所の消毒作業に着手し、避難者にも状況を説明。希望者への検査を始めた。

 濃厚接触者は、香川県から派遣された応援職員5人。このうち、一緒に来た県職員2人は陰性と確認された。交代で派遣された3人は14日に同県に戻り、検査を受ける予定。(和田剛)

被災者ら動揺

 13日夜、避難所運営の応援に来ていた保健師の新型コロナ感染が判明し、関係者には動揺が広がった。

 保健師が訪問した熊本県の避難所2カ所には、少なくとも球磨村の被災者計約320人が身を寄せる。県から報告を受けた松谷浩一村長は報道陣に「感染者が出たのは残念。ただ、応援なしでは復旧は進まない」と厳しい表情。「感染対策はしっかりしている。避難所を変えることは考えていない」とも述べた。

 人吉市立第一中の避難者によると同日夜、「感染者が出た。希望者にPCR検査を行う」と校内放送があり、現地で検査が始まった。

 多良木町の旧多良木高でも同様の校内放送があった。球磨村から避難している70代男性は「えっ」と絶句。「うとうとしていて気付かなかった」と驚いていた。

 熊本県の蒲島郁夫知事は会見し、応援の自治体職員に対して事前に体調確認を行うよう、武田良太防災担当相宛てに要望したことを明らかにした。