ラグビー7人制女子の新チーム「ナナイロプリズム福岡」(福岡県久留米市)でのヘッドコーチ(HC)就任が決まった桑水流裕策(コカ・コーラ)が14日、福岡市内で会見し「見ている人に感動を与えられるチームをつくる」と抱負を語った。コカ・コーラでの選手としての活動は続ける。

 ナナイロプリズムのゼネラルマネジャー兼選手で、7人制女子での東京五輪を目指す中村知春から昨夏HC就任を打診された。リオデジャネイロ五輪7人制で男女日本代表の主将を務めた仲で、桑水流は「7人制ラグビーをもっと知ってもらいたいと思って受けた。プレーから気迫が伝わる中村さんを尊敬する。彼女を抜こうとする選手を育てたい」と目標を掲げた。

 桑水流も東京五輪7人制男子日本代表の2次候補に入っており、当面は代表活動を優先。ナナイロプリズムのスタッフと連絡を取り合いながらチームづくりを進める。「まずは中村さんとともに東京五輪に出ることが、ナナイロのためにもなる。全力で取り組みたい」と2大会連続の五輪代表入りへの誓いを新たにした。 (末継智章)