西武から海外フリーエージェント(FA)権を行使して米大リーグ・レッズに移籍した秋山翔吾外野手(31)が16日、静岡・下田での自主トレを公開した。昨年10月末に日本代表の強化試合で右足薬指を骨折したが、ランニングやダッシュなどで回復を証明。背番号4が刺しゅうされた赤いトレーニングウエアで精力的に体を動かし、「痛みがなくやれているのは順調な証拠」と笑顔を浮かべた。

 約1カ月後にレッズの野手のキャンプインを迎えるため、西武の後輩らとの自主トレでは体づくりに重点を置いている。「後輩との練習は緊張感がある。体の準備がしっかりできていれば、どんな状況にも対応できる」と力を込めた。

 米国では、新しい環境、海外での生活、初対戦の投手など未知の要素が多い中での挑戦となる。「まずは行ってみて、自分がどう感じるかを大事にしたい。何が起きても驚かないようにしたい」。感性を研ぎ澄ませ、新天地でのスタートする覚悟だ。(松田達也)