◆ソフトバンク春季キャンプ(11日、宮崎・生目の杜運動公園)
 右ふくらはぎの違和感で別メニュー調整中の千賀が、今キャンプ初めて“ブルペン投球”を行った。
 侍ジャパン稲葉監督らが見守る前でキャッチボールを行った後、スパイクに履き替えB組のブルペンに入った。立った状態の捕手に4球投げると、座ってもらい変化球を交えて31球を投げた。「7、8割のつもりだけど、それが出せないのが現状。今日は傾斜の確認で、ブルペン投球とは思っていない」と話した。
   患部は回復傾向にあり、午後からは補助グラウンドで軽めのダッシュをするなど、ランニングメニューにも取り組んだ。