戦後初の三冠王で南海(現ソフトバンク)、ヤクルト、阪神、楽天で監督を務めた野村克也さんが11日に84歳で死去した。関係者からは悼む声が相次いだ。

  ソフトバンクの新井宏昌2軍打撃コーチは「自分をこのプロ野球の世界に入れてくれた方。大学4年の時、スカウトから評価されていない中、(南海の)プレーイングマネジャーだった野村さんがテレビで見て、打席での姿がいいと言ってくれたみたいで、ドラフトで指名してもらった。最後にお話ししたのは2年前のOB戦(巨人対ホークス)の時。残念です」と話した。