◆ソフトバンク春季キャンプ紅白戦(13日、宮崎・生目の杜運動公園)

 期待の育成3年目、砂川リチャード内野手(20)が紅白戦初打席で特大の当たりを放った。

 チームは今春初の紅白戦。3回1死、泉から左中間へ大飛球を放った。高々と上がった打球はスタンドインを期待させたが、最後はフェンス直撃。それでも相手外野陣がクッションボールの処理に時間を要する間に、スライディング不要の三塁打とした。

 5イニング制の特別ルール下で行われ、砂川は白組の「10番・三塁」でスタメン出場。展開によってはこの日一度限りの打席で快音を残し、ファンの拍手を集めた。