◆練習試合 西武−日本ハム(22日、メットライフドーム)

 西武の山川穂高内野手(28)が、痛烈なソロ本塁打を放った。

 2点リードの4回1死。鈴木遼から左中間席に弾丸ライナーで放り込んだ。「打ったのはナックルです。高めの球をしっかり強く叩けました。打った瞬間はどうかな…と思いましたがスタンドまでいってくれて良かった。追加点を取れてよかったです」とコメント。

 ダイヤモンドを一周すると、ベンチ前では「どすこい!」ではなく、一昨年行っていたお笑いタレントゆりやんレトリィバァの「調子乗っちゃって」を披露した。

 西武打線は5回までに9安打7得点をマークした。