昨秋に右肘手術を受けた福岡ソフトバンクの柳田悠岐外野手(31)が26日、今春初めて1軍に合流した。本拠地ペイペイドームで実施された全体練習でノックを受けたほか、フリー打撃などで汗を流した。これまではリハビリ組や2軍で慎重に調整してきた主砲。プロ野球が目指している4月24日のシーズン開幕を見据え、ここから“1軍モード”に仕上げていく。
 今春初めて1軍に呼んだ柳田について、工藤監督は今後2軍の練習試合には出場させない方針を示した。「いい調整をしてもらいたい。次は1軍の試合と考えています。今のメンバーで開幕というわけではない。実績もあるが、結果も求めていきますよ」と話した。
 3月中は実戦の予定はなく、4月以降に広島などと練習試合を行うことも検討しているという。