福岡ソフトバンクは10日、工藤公康監督(57)がサージカルマスク2万枚を寄贈すると発表した。寄贈先は福岡県看護協会で11日から2度に分けて送られる。

 球団を通じて、工藤監督は「医療従事者の方々が自らの感染リスクも有る中で、最前線でウイルスと戦い、私たちのいのちと生活を守ってくださっていることに感謝しかありません。しかしながら、看護職や医療従事者の方々が差別や偏見により被害を受けていると聞き、決してあってはならないことだと思います。今、私にできることは多くはありませんが、ご自身のマスクを買いに行く暇もなく従事されている方もいらっしゃるのでは、と思いマスクを寄付することを決めました。少しでもお役に立ててればうれしいです。医療従事者の皆さま、そして、その家族の皆さまに心から感謝し、声援をお送りしたいと思います」とコメントした。