◆西武−ソフトバンク(26日、メットライフドーム)

 ソフトバンクの栗原が、同点タイムリーで早くも今季2度目の猛打賞をマークした。

 3試合連続で「1番一塁」でスタメン出場。2点ビハインドの7回2死満塁で、代わったばかりの変則左腕・小川の直球を流し打ち。2人が生還し同点に追いついた。

 1打席目で右前打、2打席目に右翼線への二塁打を放っていた。「みんながつないでくれたチャンスだったので、何とかしたかった。うまく打つことができた」。この後、柳田に勝ち越し打が出た。