◆西武7−4ソフトバンク(26日、メットライフドーム)

 一時は逆転に成功したソフトバンクながら、終盤に再逆転を許して痛い星を落とした。

 先発・東浜が初回、山川に先制2ランを被弾。3回に2試合ぶりスタメンの今宮が適時打を放って1点差としたが、直後に山川に2打席連発となるソロを許し、再び2点差とされた。

 主軸がことごとく抑えられるなど西武先発ニールに苦しめられた打線だったが、7回に反撃。敵失に四球も絡んで1死満塁とニールを攻めて降板に追い込むと、栗原が代わった小川との左対左を制して同点タイムリー。さらに柳田が代わった平井から勝ち越し適時打を放った。

 ところが1点リードの8回に岩崎が1死満塁のピンチを招き、栗山を一ゴロに抑え2死までこぎ着けたが、木村に149キロの直球を振り切られバックスクリーン左に運ばれた。開幕7試合目で早くもチーム3本目となる満塁被弾で、3連勝はならなかった。