◆西武7−4ソフトバンク(26日、メットライフドーム)

 開幕投手を務めた東浜の今季初勝利はお預けとなった。

 山川に2ランとソロを浴び3失点したものの、5回まで毎回走者を出しながら粘りの投球を展開。6安打されながら、開幕戦より1イニング長い6回を投げ3失点で先発の役目を果たした。

 直後の7回にチームが逆転し勝ち投手の権利を一度は手にしたが、チームは再逆転を許した。「ホームランは失投ですが2本目は味方が点を取ってくれた直後だっただけに反省。次回はもう少し球数も、イニングも増やせるようにしたい」と次戦を見据えた。