◆西武−ソフトバンク(27日、メットライフドーム)

 ソフトバンク松田宣の2試合ぶりの安打は、またもタイムリーとなった。

 1点を奪い、なお3回2死一、三塁。西武松本の甘い変化球を捉えて、左前へ運ぶ適時打をマークした。2回無死一塁の第1打席では投ゴロ併殺打に終わっただけに、その悔しさも晴らした形となった。

 今季はこれで計4安打目と苦しんでいるが、全てがタイムリーとなるなど珍しい状態が続いている。