◆西武8−7ソフトバンク(27日、メットライフドーム)

 西武が最大5点のビハインドをはねのけてソフトバンクに逆転勝ちし、この本拠地6連戦で3勝2敗と白星を先行させた。

 打線は1番に鈴木、8番に捕手で岡田をスタメン起用するなど、開幕8試合目で初めてオーダーを変更。先発・松本が3回7失点で降板も、2回に中村の1号2ラン、3回にも3点を奪って食らいつき、2点差の7回2死一、三塁で山川が岩崎から逆転の3ランを放った。

 岩崎には前日26日に木村が逆転満塁弾を浴びせており、連日の痛快な逆転劇。打線は開幕8試合で40得点という相変わらずの爆発力で、シーズンの勝率も5割に戻した。