◆西武8−7ソフトバンク(27日、メットライフドーム)

 辻監督が鮮やかな逆転勝利を支えた救援陣の奮闘をたたえた。

 先発の松本が3回7失点で降板し、4回以降は継投。ドラフト1位ルーキーの宮川が2イニングを無失点に封じ、平良、小川、ギャレット、増田が計6イニングを無失点に封じ、最大5点差からの逆転勝利につなげた。

 辻監督は「松本はもう少し自信を持って投げてくれないと」と厳しく指摘。一方で2番手以降の好投に賛辞を贈り「今年は昨年よりも後ろ(救援陣)が厚くなった。ギャレットも昨日(26日)から非常に良くなったし、増田もスピードが上がってきた。こういう姿を見て、先発ピッチャーがどう投げてくれるか、考えてもらいたい」。打高投低の色が強いチーム。ブルペン陣の姿から、先発陣にも奮起を望んだ。