◆西武8−7ソフトバンク(27日、メットライフドーム)

 今季2度目の先発となったソフトバンク・和田は踏ん張れなかった。

 序盤から援護をもらったが、2回は甘く入ったスライダーを中村に捉えられて2ランを献上。3回も強力な西武打線を抑え込むことができず3失点。この回限りで降板した。

 3回で被安打5の5失点と、不本意なマウンドとなり「早い回から野手のみんなが点を取ってくれたのに、本当に申し訳ない。その言葉しかありません」と肩を落とした。