◆明治安田生命J2第2節 長崎2−1北九州(27日・トランスコスモススタジアム長崎)

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う中断から約4カ月ぶりの一戦で、V・ファーレン長崎がギラヴァンツ北九州とのリモートマッチ(無観客試合)の「九州ダービー」を2−1で制した。長崎は2016年リオデジャネイロ五輪代表の亀川諒史(27)のゴールで先制すると、後半に今季入団したブラジル出身のルアン(29)のJ初ゴールで追加点。13年のJリーグ参入後初めて開幕2連勝を飾った。北九州は2点を追う中、国分伸太郎(25)の今季チーム初得点で追い上げたが及ばず、開幕2連敗となった。

 苦しい状況で北九州が一矢報いた。0−2の後半34分、国分がミドル弾を一閃(いっせん)。その後も猛攻を仕掛け、敵地で昇格候補を追い込んだ。「点を取り、決定的な場面もつくれた。試合の入りでプレッシャーを感じていたのが残念」。今季初の勝ち点が見えただけに、小林監督は序盤の失点を悔やんだ。

 北九州は5月末に地元を「第2波」が襲来した影響で、全体練習再開が長崎より約2週間遅い6月11日にずれ込んだ。同23日にはPCR検査結果に関するJリーグの説明に手違いが生じ、全体練習を中止。万全と言えない状態で、小林監督はコロナ禍に伴う特例で最大5人まで可能になった交代枠をフルに生かした。

 後半開始時に国分を投入する予定だったが、劣勢と見るや前半40分に早々と投入した。早く試合になじんでもらうのが狙い。感染防止のためにベンチ後方で戦況を見つめていた国分は「角度的に観客的な目線で見る部分があったけど、集中力を保っていた。(早い交代は)5枚(枠を)使えるからこそのチャレンジだと思う」と期待通り攻撃に勢いを与え、自身の得点につなげた。

 終盤にはFW2人を同時に投入し、勢いを加速。スタミナ不足が不安視されながら終盤は押し込み、小林監督は「少しずつ少しずつボールを運ぶことにも慣れてきた」と手応えを感じた。開幕2連敗は痛いが、J2復帰1年目で昇格候補にいずれも1点差負け。練習不足のハンディさえ解消すれば今季初勝利は近い。