◆明治安田生命J2第2節 長崎2−1北九州(27日・トランスコスモススタジアム長崎)

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う中断から約4カ月ぶりの一戦で、V・ファーレン長崎がギラヴァンツ北九州とのリモートマッチ(無観客試合)の「九州ダービー」を2−1で制した。長崎は2016年リオデジャネイロ五輪代表の亀川諒史(27)のゴールで先制すると、後半に今季入団したブラジル出身のルアン(29)のJ初ゴールで追加点。13年のJリーグ参入後初めて開幕2連勝を飾った。北九州は2点を追う中、国分伸太郎(25)の今季チーム初得点で追い上げたが及ばず、開幕2連敗となった。

 再開された試合は新型コロナウイルス感染防止のため、リモートマッチ(無観客試合)で行われた。報道陣の入場は新聞は1社につき記者1人、カメラマン1人に制限。試合前には、選手、審判が医療従事者への感謝を示す拍手を行った。

 トラスタでは、通常ならフィールドに置かれる広告をバックスタンドに配置した。「密」を防ぐ取り組みも行われ、選手は一列ではなくばらばらにピッチへ入場。トラスタでは普段なら記者やイベント参加者が使う部屋も選手のロッカールームとして使われた。