◆西武−ソフトバンク(28日、メットライフドーム)

 西武・源田が“たまらん”美技で投手をもり立てた。

 9回2死、打者・牧原のゴロが三遊間深くへ。何とか追いついたショート源田は、三塁方向へ体が流れたままジャンピングスロー。ドンピシャの一塁送球で、俊足の打者走者・牧原を完璧にアウトにした。

 この回登板した増田の3人斬りをアシスト。今季は開幕から打撃で波に乗れず、この試合も4打席凡退していたが、2年連続ゴールデングラブ賞の実力は変わらない。面目躍如のファインプレーに、源田自身も思わず笑みを浮かべていた。