◆西武4x−3ソフトバンク(28日、メットライフドーム)

 ソフトバンク・二保は粘投も反省が口をついた。

 危険球で退場処分となった21日のロッテ戦に続く今季2度目の先発。序盤に3点の援護をもらったが2回に適時打を栗山に浴びたほか、1点差に迫られていた6回には初球の甘いツーシームを山川に捉えられて同点ソロを許した。

 6回を被安打9の3失点。先発の役割は果たしたが「本塁打は悔いが残る。結果以上に反省点の多い投球だったと思う」と首を振った。