◆日本ハム1−1ソフトバンク(30日、札幌ドーム)

 3連敗中のソフトバンクは今季2度目の延長戦で初の引き分けに終わり、連敗脱出を逃した。

 3回に2四球と柳田の安打で1死満塁として、3番に入った今宮が右犠飛を放って先制。先発のムーアは4回1死一塁で近藤の左中間二塁打で追いつかれたが、6回で10三振を奪って1失点の好投を見せた。救援陣も相手打線を無失点に抑え、ムーアも合わせて10回で15三振を奪った。だが打線が4回以降無安打に抑え込まれ、得点できなかった。打線は試合全体でも今季最少の2安打だった。