◆日本ハム1−1ソフトバンク(30日、札幌ドーム)

 ソフトバンクの守護神の森が同点の9回に登板し、3者連続三振と圧巻の投球を披露した。「相手の3、4、5番だったので丁寧に自分の投球をすることを心掛けた」。

 先頭近藤をカットボールで見逃し三振に仕留めると、中田、大田もカットボールでバットに空を切らせた。試合は引き分けに終わったが、「あしたからも試合は続くのでまた頑張ります」と気持ちを切り替えていた。