◆西武−オリックス(1日、メットライフドーム)

 西武・今井とオリックス・鈴木が息詰まる投手戦を繰り広げた。

 鈴木は3回に連続四球で無死一、二塁のピンチを招いたが、金子を空振り三振、スパンジェンバーグを一ゴロ、源田を二ゴロに打ち取った。

 今井も4回に3四球で2死満塁のピンチをつくったが、若月を空振り三振に仕留めた。

 今井が5回まで無安打無得点投球を続けると、負けじと鈴木も5回まで無安打無得点。約1時間半で5回を終えた。