シード球磨工2回戦へ 来春閉校の多良木が打ち勝つ/熊本

シード球磨工2回戦へ 来春閉校の多良木が打ち勝つ/熊本

 第100回全国高校野球選手権熊本大会(県高野連など主催)は11日、県営八代球場(八代市)と山鹿市民球場(山鹿市)で1回戦5試合があった。

 前哨戦のNHK旗を制したシード校の球磨工は、投手陣が御船に三塁を踏ませない力投で危なげなく初戦を突破。来春閉校となる多良木は八代工に打ち勝った。宇土と熊本農はコールド勝ち。熊本も2回戦へ駒を進めた。合同チームで臨んだ湧心館・小国は、初戦突破はならなかった。


関連記事

西日本スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索