カルロス・サインツをドライバーに起用し、WRCで活躍したST165セリカGT‐FOUR。

 モータースポーツでの活躍も目立ったST160系セリカだが、いまだに根強い人気を誇っているのは、それだけが理由ではない。1980年代に青春時代を過ごした者なら誰もが知っている映画『私をスキーに連れてって』で、雪道、そして時にはゲレンデまでも爆走するGT‐FOURの雄姿にヤラレた人が多いのだ。

 映画やテレビドラマでの活躍が、そのまま実車の人気に直結するというのは、「あぶない刑事」=レパード、「西部警察」=スカイラインなどのケースと同様で、ハチマル人気車種でしばしば登場する黄金パターン。

 『私をスキーに連れてって』の映画をきっかけに日本中にスキーブームが巻き起こり、トレンディードラマが流行したことを考えれば、いかに影響力の大きい映画だったかがわかる。
 そんな映画での活躍とラリーでの活躍、それがGT‐FOURの人気を決定付けたことに間違いないだろう。

GT-FOURらしいアナログメーターなど、全ての画像を見る