【ノブちゃんS30Z製作記 Vol.1】

元祖TC24を搭載したハコスカに乗る片岡功一さんといえば、旧車乗りの間ではかなり有名な存在。なにせ、人生で2回も元祖TC24のオーナーになった人で、現在もパワーアップに磨きをかける現役のハコスカ乗りなのだ。

 その片岡さんの濃い血を受け継ぐ2人の息子の長男・ノブちゃんこと信和さんが、父親のハコスカと真っ向勝負するために2012年11月に手に入れたのが、S30フェアレディZだ。

「昔から旧車、特にハコスカやS30Zは好きでしたが、自分で購入することはないと思っていました」と信和さん。実際、S15シルビアとシビックタイプRを所有しているが、旧車は初めて。そんな信和さんは、購入したS30Zをいきなり全バラ。目的は、ボディのレストアと補強、そしてフロアのかさ上げという途方もない計画のためだ。

 S30Zのフロアをサイドから見ると、フロアとフレームがサイドシルよりも低くなっているのが分かる。そこで、フロアを50mmほどかさ上げすることで、サイドシルと同じ高さにしようというのだ。その目的は、「できるだけシャコタンにしつつ、日常使用もできるようにしたい」ということ。そのために事故歴無し、クサり無しの極上ボディのフロアを切り抜き、新たに強化フロアを製作してシャコタンにしようというのが信和さんのプランなのだ。

毎朝連載! 「ノブちゃんS30Z製作記」Vol.2〜5へ続く

装着する240ZGのオーバーフェンダーに合わせて張り出しを追加したリアフェンダーなど、全ての【写真8枚】を見る