手もとにきたばかりの新パートナーに大満足 1989年式 三菱 スタリオン 2000 ターボ GSR-V

【1】から続く

 ここに登場するスタリオンのオーナーは、根っからの三菱車フリーク。父親がギャランΣを所有していて近所に馴染みのディーラーがあった影響もあり、ミラージュサイボーグを購入。そして、その後もE39ギャランVR‐4(2台!)やレグナムなど、とにかく三菱車ばかり乗り継いでいる。その車歴のなかに当然スタリオンも含まれており、現在の愛車は自身2台目のスタリオンということになる。

「以前からスタリオンのスタイリングが好きだった」と話すオーナーだが、当時は高価で断念。その代わりにと購入したのが、前述のミラージュというわけだ。しかし、その思いを実現するべく2年ほど前に入手。それはGSR‐VRで、かなり手が入れられた個体だったという。そして購入後ひとしきり満足したオーナーだったが、グループAマシンの姿に憧れていたこともあり、「ダッシュエンジンにも乗りたい」という思いもあった。そして運良く今年9月、愛車のメンテナンスなどを任せている「シリウス」にコンディションのいいGSR‐Vが入ったという情報を耳にし、思い切って代替えしたそうだ。

 オーナーの手元に来てからまだ数カ月しか経っていないため、購入後の走行距離は1000kmほど。しかしロングドライブが好きということで、時間のある休日にはドライブを楽しんでいるという。また、ベース車の状態がよく、納車時にヘッドのオーバーホールやショックの交換を行ったので、今では安心して最近のクルマのように接しているとのこと。オーナーとスタリオンのカーライフは、これからもっと盛り上がることだろう。

OWNERS VOICE/手もとにきたばかりの新パートナーに大満足  始まったばかりのGSR-Vとの生活に、撮影中も終始目を細めていたオーナー。「ほぼ完成しているので、とくに手を入れたいところはありません」と言うように、現状にとても満足している様子。その一方で「イジりたい願望」もあるようだが、「以前の愛車はけっこう手が入っていたので、しばらくはノーマルのまま乗ります」とコメント。また、「GSR-VRもノーマルのままATでゆったりと乗ってみたいですね」と、新たな目標を掲げていた。


個体の状態の良さを物語る、キレイなエンジンルーム【写真14枚】


【3】【4】に続く


1989年式 三菱 スタリオン 2000 ターボ GSR-V(A183A)
SPECIFICATIONS 諸元
全長×全幅×全高(mm) 4410×1695×1320
ホイールベース(mm)  2435
トレッド前/後(mm) 1410/1390
車両重量(kg)  1240
エンジン型式  G63B型
エンジン種類 直列4気筒SOHCターボ
総排気量(cc) 1997
ボア×ストローク(mm) 85.0×88.0
圧縮比 7.5:1
最高出力(ps/rpm) 170/5800
最大トルク(kg-m/rpm) 26.0/3000
変速比 1速 3.369/2速 2.035/3速 1.360/4速 1.000/5速 0.856/後退 3.578
最終減速比 3.909
ステアリング ボールナット
サスペンション ストラット(前後とも)
ブレーキ ベンチレーテッドディスク(前後とも)
タイヤ 215/60R15(前後とも)
発売当時価格 252.7万円